オンラインカジノには税金がかかる点に注意!

オンラインカジノをプレイする時に気になるのは、税金がかかるかどうかというところではないでしょうか。

結論として、オンラインカジノでの勝利金は課税対象となります。実際には、競馬や競輪、パチンコなどのギャンブルで勝った場合も課税の対象となっています。しかし、これらのギャンブルについては、誰がどこでいくら勝っているのかを具体的に把握することは極めて難しいので、徴収することができないのが現状です。

これに対して、オンラインカジノは、オンライン上でお金やチップのやり取りを行い、換金する際には、銀行へ必ず振り込まれることとなります。

銀行に振り込まれるということで、しっかりと記録が残ってしまうので、税務署が把握をすることができます。その為、自分では払わなくても大丈夫だろうと思っていても、ごまかすことはできません。もし、納税を怠ってしまうと、脱税とみなされる可能性があるので、注意が必要となります。

税務署では、オンラインカジノで獲得した賞金は、一時所得として扱われることとなります。一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得と決められており、突発的に発生したお金を受け取った場合と考えるのが良いでしょう。

この一時所得ですが、オンラインカジノでどの金額が対象となるのでしょうか。

例えば、一日目は、ベット額が60万円で収支が110万円の勝ち、二日目は、ベット額が40万円で収支が100万円の勝ち、三日目は、ベット額が80万円で収支が80万円の負け、四日目は、ベット額が30万円で収支が70万円の勝ちであった場合、収入金額が【110万円+100万円+70万円=280万円】となります。この時、負けた金額は計算には入りません。

そして支出金額は、【60万円+40万円+30万円=130万円】となります。

この時も負けた時のベット額は計算には入りません。

以上のように、この場合は、収入金額が280万円、支出金額が130万円となります。

しかし、一時所得額が【280万円-130万円=150万円】というわけではありません。ここから特別控除額が最大50万円控除される為、一時所得額は100万円ということになります。

そしてこの一時所得額100万円から課税対象額を計算します。課税対象額は100万円÷2=50万円となります。

上記のような計算を行い、課税対象額を導くことができますが、何カ月間もまとめて計算する場合に、細かなベット額や収支額を忘れてしまうことがある為、こまめに計算を行うことをオススメします。

では、この税金を納める為には、確定申告を行う必要があります。確定申告は1月1日から12月31日までの期間が対象となり、その翌年の2月16日から3月15日にその期間分の確定申告を行います。初めて行う場合は、どのような段取りで行うのかが分からないなど必要以上に時間がかかる場合がある為、期間内の早めに行うことをオススメします。

特に税務署や市役所はこの期間非常に込み合う為、時間に余裕をもって行う必要があります。

これらのように、オンラインカジノで遊ぶ時には、行き当たりばったりでプレイを行わずに、しっかりと収支をつけることが必要となります。確定申告の為に収支を付けることは、結果的にオンラインカジノで勝つことができる手段を無意識に行うことができていることにも繋がります。

パチンコや競馬と違い、銀行を通してのお金のやり取りとなる為、税金がかかることをごまかすことができません。

多くの賞金を獲得した時の喜びの後に、脱税の容疑などかけられないように、しっかりと収支をつけて、納税を行うようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする